ダイレクト型自動車保険のメリット

保険料が安いのが魅力

ダイレクト型自動車保険の最大の魅力は保険料の安さにあります。同じ契約内容で同じ保証を受けることができるのであれば、保険料は安いに越したことはありませんから、安いのはそれだけ大きなメリットになります。いくら安くてもその分保証の範囲が狭くなっては意味がないのではと思うかもしれませんが、安いからと言って保証の範囲が狭まるということもありません。ダイレクト型自動車保険は手続きを全て自分で行わなければなりませんが、手続きを契約者本人で行うことで余計な経費がかからず、その分保険料が安くなるという仕組みになっています。店舗型自動車保険のように、人件費やテナント費などが最小限に抑えられるため、保証の内容は変わらず保険料が安くなっているわけです。

いつでも手続きをすることができる

ダイレクト型自動車保険はインターネットを使って手続きをするものであるため、いつでも手続きができるというメリットがあります。店舗型自動車保険であれば、当然営業時間内に店舗に行かなければなりませんから、思い立った時にすぐに契約ということができません。インターネット上であれば24時間365日いつでもすぐに手続きができるので、例えそれが深夜でも早朝でも問題ありません。納車の直前になって自動車保険に加入をするのを忘れていたという場合であっても、ダイレクト型自動車保険であれば営業時間を気にすることなく手続きができ、納車に間に合わせることができます。忙しくて時間の都合がつけにくい人ほど、いつでも手続きができるメリットは大きいと言えるでしょう。