店舗型自動車保険のデメリット

保険料が高くなりがち

店舗型自動車保険は通販型の自動車保険と比較をすると、保険料が高くなりがちなのがネックです。なぜ、保険料が高くなってしまうのかと言えば、店舗型は通販型よりもコストが掛かっているためです。直に説明をしてくれるスタッフがいるということは、その分だけ人件費がかかることになりますし、店舗を構えているということは家賃や光熱費が発生することになります。保険会社も商売である以上は利益を出さなければなりませんから、コストが増えた分は保険料を高くして回収しなければならないので、結果的に通販型よりも保険料が高くなってしまうということです。特に自動車保険に詳しくて、自分で手続を進められる人にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

時間の融通がきかない

店舗型の自動車保険は営業時間に、店舗に足を運ばなければならないという欠点があります。通販型ならインターネット環境さえあれば時間を問わずに手続きをすることができますから、深夜であろうが早朝であろうが問題はありません。しかし、店舗型では決められた営業時間内に店舗に赴かなければ手続きをすることができません。仕事が忙しくてなかなか時間が作れない人であったり、夜勤で一般の仕事とは生活の時間帯が異なる人にとっては不便なものです。交渉次第では多少営業時間外であっても対応してもらえないとも限りませんが、それでも極端に早い時間帯や深夜帯であれば受け付けてもらうのは難しいので、時間の融通がきかないというのは店舗型自動車保険のデメリットになります。