店舗型自動車保険の選び方

取扱商品の充実度合いを調べる

車を購入する場合に加入が義務付けられている自動車保険は店舗型とダイレクト型の2種類の選択肢が用意されています。店舗型とは保険会社の代理店などで担当者と直接話をしながら契約を進めていく方法です。この店舗型を選ぶ上で重要となるポイントの一つに取扱商品の充実度があります。保険は文字通り万が一のトラブルに備えて加入するサービスです。事故は起こさないに限りませんが、自分が安全運転をしていても予期せぬ形で巻き込まれてしまうこともあります。様々な事態を想定して自分に合った商品を選ぶのが保険選びの基本です。希望する商品がないからといって妥協をしてしまうと後悔することになりかねません。店舗型を選ぶ時はできる限り多くの商品を用意している所を選ばなくてはいけません。

金額の比較検討やスタッフの対応力を見極める

一口に保険と言っても、会社によって万が一の補償から加入に掛かる費用まで細かい部分に違いがあります。店舗型は人件費が発生することで、手数料も上乗せされるのが特徴です。手数料は会社によって異なるため、同じ補償内容でも月々支払う金額に数万円以上の差が出るというケースも珍しくありません。自動車保険は大半が年間契約となるので、トータルの出費で無駄を出さないように複数の会社から見積もりを取って比較検討をすることが基本です。店舗型を選ぶに当たって忘れてはいけない大事なポイントがスタッフの対応力です。自分で内容を調べて決断するダイレクト型と違って、専門知識を持ったスタッフのアドバイスを受けながら決められる安心感が店舗型の魅力になります。スタッフの対応力は会社の信頼に反映されるので、この点を確認しておくことも大切です。